看護師の1日

24時間365日、入院患者さんと向き合う
スタッフステーションの一日

緊急入院や急変に対応、多職種と打ち合わせ
急性期病棟看護師の「忙しさの理由」とは?

急性期病院の患者さんの容態は一定ではありません。急変が起きることがあり、ERには次々と患者さんが訪れ、病棟は入院の受け入れ準備に追われます。また、リハセラピストとリハビリの内容について打ち合わせ、MSWと退院調整の方針を話し合い、緊急入院受け入れ・・・など突発的なタスクに対応します。どのようなスケジュールで対応しているのでしょうか。「スタッフステーションの1日 その一例を看護師のスケジュールと写真でご紹介します。

スタッフステーションの一日 日勤時間帯 看護師のスケジュール

8:30 【出勤~申し送り】 当日のリーダー業務担当者からの情報伝達と、 各チームの夜勤者からの申し送りを行います。
8:45 【病棟ラウンド】 病室を回り、あいさつと一日の予定についてお伝えします。
9:00 【点滴準備・ミキシング) 点滴の準備は複数人で実施。点滴実施の際は三点認証などを行います。
11:00 【退院調整の打ち合わせ】 MSWを交え、受け持ちの患者さんご家族と面談します。
12:00 【ランチタイム】 院内の食堂、または病棟休憩室でお弁当。ほっと一息の時間です。
13:00 【看護計画・評価・電子カルテ入力】 患者さんの経過観察を入力しながら、看護計画を立案していきます。
14:00 【バイタルサイン測定・医療処置介助】 患者さんが不安なく、スムーズに処置が行えるよう医師の介助を行います。
15:00 【カンファレンス(多職種)】 看護師、医師、薬剤師、理学療法士などテーマにあわせて多職種が参加します。
16:00 【病棟ラウンド】 患者さんに明日の治療予定などを伝えます。発熱などあれば検査準備に入ることも。
16:30 【リーダーへ申し送り】 夜勤のリーダーに、患者さんの状態や変更になった指示などを的確に伝えます。
17:15 【勤務終了】 看護記録の記入を行い業務終了。本日もお疲れ様でした!
  • イメージ
    朝の申し送りには、介護福祉士、クラークなど関連の多職種も参加して情報共有します。
  • イメージ
    点滴準備などすべての業務は、どんなに忙しくても規定の看護手順通りに進めます。
  • イメージ
    医師・リハセラピストなど多職種が、それぞれの視点から情報を発信、共有します。
  • イメージ
    ベッドサイドで患者さんとの語らいのひととき。状態観察と心理面のケアを兼ねています。

スタッフステーションの一日 夜勤時間帯 看護師のスケジュール

17:00 【出勤~申し送り】 日勤リーダーからの情報伝達と、日勤担当者からの申し送りを行います。
18:00 【夕食の配膳、食事介助】 介護福祉士と連携して食事の介助を行い、食後は配薬と与薬を行います。
19:00 【バイタルサインの測定】 就寝前の状態をチェック。おむつ交換や点滴交換,体位交換など慌ただしい時間です。
21:00 【食事・休憩】 交代で休憩。ナースコールが集中したときには、休憩時間を調整して対応します。
22:00 【消灯】 患者さん一人ひとりの状態を確認しながら声がけし、病室の消灯に回ります。
0:00 【ラウンド】 夜の間も体位交換やおむつ交換を行い、眠っている患者さんの状態を確認します。
3:00 【仮眠】 患者さんの状態が落ち着いていれば、交代で1時間半~2時間ほど仮眠をとります。
5:30 【採血】 採血のオーダーが入っている患者さんを対象に、採血を行います。
6:00 【バイタルチェック】 患者さんに声をかけて、バイタルをチェックしながら、身体状態を観察します。
8:30 【申し送り】 夜の間に起きたことや患者さんの状態を日勤スタッフに引き継ぎます。
8:45 【勤務終了】 看護記録の記入を行い業務終了。夜勤お疲れ様でした!
  • イメージ
    症状が現れている患者さんや認知症の方は消灯後も目を離さず、処置を行います。
  • イメージ
    夜勤帯も他病棟から連絡が入ります。緊急の際は他病棟の応援に入ることもあります。
  • イメージ
    ERは24時間患者さんを受け入れています。翌朝には病棟への搬送準備が始まります。
  • イメージ
    慌ただしい勤務が終わり、思い通りの勤務ができたときには思わずガッツポーズも。
このページの先頭へ