新卒・既卒研修

実践的な集合研修シミュレーション教育プログラムで
看護品質基準を達成、『看護の力』を伸ばす研修制度

-新卒研修プログラム-
受け持ち担当に必要な技術を1年間でじっくり習得
入職時から実技中心の集合研修で『一人前』に成長

イメージ

相澤病院の新卒研修は、看護知識を習得する座学だけでなく、「点滴針の刺し方や「患者さんへの接し方」など実践的な看護技術実習が特長。入職時研修に始まり、定期的な集合研修で自分の成長段階を確認しながら、患者さんを受け持つ2年目の4月まで、病棟看護師として必要な看護技術をしっかり身に付けられます。同期との交流や情報交換の場にもなり、お互いに支えあい、刺激を受けあいながら看護師として成長していけます。

新卒研修スケジュール

スケジュール表

-中途入職者研修プログラム-
病院基準の看護手順と手技を学び、現場に活かす
中途入職者にも実技研修を定期的に実施

イメージ

中途入職者向け研修は、院内で統一基準を作って制定している看護手順と手技の習得を中心に、入職時研修に始まり、病棟・セクション配置後にも定期的に実施します。相澤病院では、点滴ルートの取り方や採血の仕方など、看護技術の基準が明確に決められています。最初は戸惑うかもしれませんが、シミュレーション研修など実技研修の場で、基礎から応用までしっかり学べ、前職とのやり方の違いに戸惑うことなく安心して看護に集中できます。

相澤シミュレーションセンター

高機能患者シミュレーターや手技用マネキンを多数備え、多人数を収容できる座学研修室を備えた『相澤シミュレーションセンター』は、定期研修や多職種研修、病棟ごとの実習などに活用しています。看護手順についてチェックリストを用いて確認する「看護スキルプログラム」や「救命措処置プログラム」「フィジカルアセスメント」など、相澤病院ならではの実践的な『シミュレーション教育プログラム』の研修拠点です。

相澤シミュレーションセンター 施設紹介

イメージ

気道管理トレーナー、フィジカルアセスメント用マネキン『Physiko』 看護技術用シミュレーター『ナーシングアン』と『さくら』、 高機能患者シミュレーター『Sim man』、吸引シミュレーター、皮下・筋肉・静脈注射用模型 上記の各種シミュレーターを備え、救急看護研修など多様な実習を行います。

 
このページの先頭へ