看護部長インタビュー

-看護部長からのメッセージ-
病院のミッションと、看護師の2つの責務を果たす
「一人前の看護師」になりたい方をお待ちしています

看護部長
小坂 晶巳

「医の本質としての救急医療」と
「医の心としての全人的医療」2つの責務を果たす

相澤病院は「医の本質としての救急医療」と「医の心としての全人的医療」をミッションとして掲げています。救急医療は一刻を争う本来多忙なものです。急性期病院では予定入院より緊急入院が多く、日常業務と突発的な業務に対応する能力と、患者さんを地域で生きる「ひと」として捉える、全人的医療を実践していくマインドが求められます。「患者さんに看護をして忙しい」との声を聞きますが、ミッションを実践している以上、当然です。

「診療の補助」と「療養上の世話」が
看護師の業であり、求めるスキル

イメージ

看護師の仕事は、「診療の補助」と「療養上の世話」をするもの、と規定されています。当院に入院される方は高齢者の方が多く、入院時から「療養上の世話」が必要です。そして、急性期病院の看護師に、確かな「診療の補助」のスキルは欠かせません。当院の看護職員には、「診療の補助」と「療養上の世話」を両立する看護技術が求められます。相澤病院の看護師には、2つの責務を偏ることなく学び、勤務して欲しいと思っています。

人として、看護師として成長できる環境で
「一人前の看護師」をめざす

看護部では、「より良い看護の提供のためにスキルを伸ばしたい」という声に応えるため、「ai-ness」、「相澤シミュレーションセンター」をはじめとする教育制度・施設を活用し、病棟ごとに教育制度を工夫して、教育に真剣に取り組んでいます。当院で一定の年数と年月をかけながらキャリアを積んでいただければ、「一人前の看護師」に育てる自信はあります。新卒・既卒を問わず、「看護師として、人として成長したい方」の応募をお待ちしています。

このページの先頭へ